スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践・日本真道 (P127~128)

     【実践・日本真道】 長谷章宏 著 (P127~128)より

P127
この世には命に関わらないただのお遊びなどただの一つもない。いい加減なことをしていれば、自らの永遠の命が永遠に無くなる時がくる。これは遠い未来の話などではない。明日どころか、1時間後、いや、次の瞬間に来る出来事かもしれない。魔釣りのアヤマ知で九分九厘曇ったあなたには、突然やって来る青天の霹靂の艱難辛苦の地獄である。富士山がいつ爆発するか、どこに逃げればよいか、どの神につけば助かるか、などという小手先の逃げ場探しをしているならば、あなたはどこにも逃げることはできない。あなたは永遠の滅びである。逃げ場は真コトだけであり、それは、魔コトから見れば、完全な闇の世界である。逃げられない逃げ場である。元つ真コトの真釣りは三千世界の神法であり、神々様でも逃げるところは無い。あなたが真コト真釣りをしているならば、すでにミロクにいるから、どうなるかを心配することはありえず、この本の語る世界は、それこそ空想の死夢話の物語となる。あなたが今、一瞬でも恐れや怒りを感じるならば、あなたは金が支える偽のミロク(666)の虜になっている。あなたにとってこの本は、真釣り戻すためのガイドであると同時に、恐ろしい悪魔の書にもなりえる。どちらを選ぶかは、あなた次第であるが、ここに書かれていることをすべて認めない限りは、あなたに本当の天国はなく、修羅の地獄のそのまた地獄の艱難辛苦が待っている。あなたの真釣り外しで元つ大神にさせた苦労の万分の一のご苦労に耐えられないならば、あなたは神に戻ることは出来ない。

真釣りの真コトを現すという自らの天命を捨てて、どうあっても魔釣りの快欲の世界の極楽トンボで居続けるというならば、真のヒトになる生き方は遠い幻となり、新しい時代を生きる人間には成れず、本当の21世紀(二十一=三位一体の世、二十歳=成人=誠神の世の1世紀)の人生を遊ぶことなど遠い夢のまた夢となる。人生というゲームの新しい遊び方(元の神代の人生)は、元つ真コトの神響きに戻ればわかることである。世歴2000年という年号にこだわっているならば、あなたのミロクは開かず、本当のミロクが開いた時には、あなたは666の魔釣りの響きと共に、万古末代永遠に成敗される身魂となる。

今回が本当の天意転換、地球最後の転生の時である。ここを逃せば、もう二度とない。生死時空を超えた本当の生死の選択をする時は、真中に残る一厘の真コトを使える時は、今回が最初で最後である。真釣りに戻って、ヒノモトの御用を果たし、真コトの天国に息戻るか、魔コトのままで真コトの真中に成敗されるか、二つに一つの分かれ道である。あなたが本当の日本人でありたいならば、選択はただ一つである。世界の父親として、立て直しのご苦労に耐えられるように、元つ御霊統の直の御チ筋の身魂を授かりながら、あなたの(ヒノモトの)今の有り様は情けないの一言に尽きる。世界の真中のヒノモトが曇れば、すべてが曇るのが、元つ真釣りの神仕組みなのである。魔釣りで穢れ、犬猫にも劣る身魂に成り下がったとはいえ、元つ真コトの一厘で、何かの神の御用をさせて欲しいと願うのが、真コトのヒノモトの神民である。あなたが心底改心して御用を果たすならば、元つ大神と正神真神の神々は、あなたを支えて必ずミロクに導いてくれる。どんなことがあっても決して真コトを捨てないことである。一寸の狂いもなくそれだけを忠実に守って、最初で最後の史上最大の作戦を見事完遂して、世界の父親と崇められる、本当に真神に戻って欲しい。現代社会に本当に笑える者は一人も居ない。魔釣りの天国は永遠の滅びであることをしっかりと肝に銘じて、真剣に真コトを磨き出し、最初で最後の御用に立って欲しい。
P128
今の世界の有り様は、元つ真釣りの神代とは全くの逆さまである。元つ大神の神キ出づる唯一の国であるヒノモトを守護する神々とヒノモト地の上を預かる人民が真釣りを忘れて自ら魔釣りを呼び込んだ末に、魔釣りで穢れに穢れた末の世界。大神の響きを消しただけでなく、魔釣りの天つ神の天孫降臨が源の神道すらも形骸化させてしまった、神亡き今の日本国が、本当の父親に戻るのは艱難辛苦の修羅の地獄を要するが、真釣り戻しの立て直しがヒノモトの天命であり、どうあっても遣り遂げなければならない真命なのである。元つ神命を果たした者は元のミロクへ戻り、果たさない者は祓い清めで魔釣りと共に滅ぶ。

スポンサーサイト
カテゴリ
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
プロフィール

愚喇叭

Author:愚喇叭
関西在住
369屋

月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。